The Jesus and Mary Chain「Psychocandy」アルバムレビュー

The Jesus and Mary Chainにしか成し遂げられなかった「発明」以上の奇跡。不完全だからこそ持つ説得力。

収録曲

アンダーラインが引いてあるのは個人的に好きなトラックです!

1.Just Like Honey

2.The Living End

3.Taste the Floor

4.The Hardest Walk

5.Cut Dead

6.In a Hole

7.Taste of Cindy

8.Some Candy Talking

9.Never Understand

10.Inside Me

11.Sowing Seeds

12.My Little Underground

13.You Trip Me Up

14.Something’s Wrong

15.It’s So Hard

粗削りの轟音ノイズと甘美なメロディという革新的な発明

「僕たちはどん底にいたかもしれない。でも星を見上げていたんだ」-ジム・リード

1985年。フィードバック・ノイズと60年代ポップスを連想させる甘いメロディの黄金比をThe Jesus and Mary Chainが発見したのは喧噪の中だった。客に背を向けて行ったライブは暴動を呼ぶこともあり、イギリスのある音楽プレスは彼らを「第二のピストルズ」だと言った。

初めて聴いたときはとにかくこのテンションが好きだった。エコーのかかった気怠いボーカルとその奥に秘めた感情を爆発させるみたいな金切りノイズ。内気な人間が抱いている混沌そのものの具現化のような気がして一気に惹かれた。後の「Darklands」「Automatic」「Honey’s Dead」の方が全然完成されているアルバムだけど、「Psychocandy」が80年代やシューゲイザーの名盤として必ず挙がるほどのアルバムなのは、このアルバムで起こった化学反応があまりに奇跡的だったからだと思う。(JAMCがシューゲイザーなのかという論争は一旦置いといて欲しい)

「Psychocandy」というタイトルはドラッグを彷彿とさせる。ただこのアルバムで実際に歌われているのはドラッグ自体というよりもドラッグのように「悪いと分かっていても断ち切れない恋人との依存関係」であったり、倦怠感とそれと表裏一体の攻撃性だった。英国内で熱狂的に迎え入れられたのも分かる気がする。




 

正直に言って、退屈で適当に思えてしまう曲もある。特に後半に行くに連れ失速していく感が否めない。引き出しの少なさが顕著に出ているせいなのかもしれないが、「Just Like Honey」「The Hardest Walk」「Some Candy Talking」「Never Understand」のような曲が随所にちりばめられているから聴いてられるような感じがする。

 

でもそれでもこの愛すべき原石のようなアルバムは、完成されていないからこその説得力を持っている。ここで鳴っている荒々しいフィードバックノイズと渦巻いている甘美な幻想は人間の抱いている感情そのもののように感じる。誰かがいずれノイズと甘いポップスの黄金比を見つけたとしても、ここにはThe Jesus and Mary Chainにしか成し遂げられなった発明以上の何かがきっとあると感じた。

▽関連記事

The Jesus and Mary Chain「Darklands」アルバムレビュー