洋楽

1/3ページ

【必聴】一度は聴いて欲しい60年代ロックの名盤20選

  • 2022.05.05

The Beatlesの全盛期でもあり、本格的にロックがメインストリームの音楽になった60年代。 50年代にロックンロールが生まれ、エルヴィス・プレスリーが圧倒的な人気を誇り、それからどんどんロックが進化していった時代でもあります。 今回は60年代の一度は聴いて欲しい名盤を必聴盤と隠れた名盤含め20選紹介していきます! The Beatles「Revolver」(1966) まずはビートルズのアル […]

【ロック黄金期】70年代洋楽ロックの名盤17選!歴史に残る名盤を総まとめ

  • 2022.04.23

1970年はビートルズが解散した年でもあり、それ以降は多様化したロックが生まれた時代です。 プログレやグラムロックなどの複雑で絢爛なロックから、ハードロック、パンクロックなどが発展した黄金時代と言われています。 今回はそんな70年代の名盤を年代順に17選に厳選して紹介します!聞いたことのないアルバムを聴くきっかけにしてもらえたら幸いです。 Neil Young「After the Gold Rus […]

【甘い大人の音楽】AORのおすすめ名盤20選

  • 2022.03.21

AORとはアダルト・オリエンテッド・ロックを略したジャンルで、主に70〜80年代に流行していた音楽ジャンルです。 甘く優しいソウル系のサウンドのものや、ジャズやボサノバを取り入れた都会的でおしゃれなサウンドが特徴とされています。 パンクロックブームがやってきた70年代後半、若者たちが新しい音楽であるパンクを聴いている中で大人の音楽として生まれたとも言われています。 今回は元レコード屋店員の筆者がA […]

The Jesus and Mary Chain「Psychocandy」レビュー 奇跡の黄金比の発明

  • 2021.12.16

「僕たちはどん底にいたかもしれない。でも星を見上げていたんだ」-ジム・リード 1985年。フィードバック・ノイズと60年代ポップスを連想させる甘いメロディの黄金比をThe Jesus and Mary Chainが発見したのは喧噪の中だった。客に背を向けて行ったライブは暴動を呼ぶこともあり、イギリスのある音楽プレスは彼らを「第二のピストルズ」だと言った。 初めて聴いたときはとにかくこのテンションが […]

【全アルバムを集計】Pink Floydのおすすめ名盤ランキング15選!

  • 2021.12.05

イングランド出身のプログレッシブ・ロックバンド、Pink Floyd(ピンク・フロイド)。 1960年代から2010年代に至るまで活躍した世界的バンドであり、一説によると「狂気」は世界で2番目に売り上げたアルバムとも言われています。 今回はPink Floydの名盤ランキングを調べるにあたって海外メディアと検索上位サイトのランキングでランクインしているものをポイント化し集計しました。 結果は以下の […]

The Smithsのおすすめ曲18選 社会に馴染めなかった全ての人へ

  • 2021.09.05

労働者階級の気弱な青年の気持ちを代弁し、カルト的な人気を誇るバンド「The Smiths」 ボーカルのモリッシーは、内省的でオスカーワイルドを好む文学好きの青年という一面もありますが、肉食批判・イギリス王室批判という過激な思想も持っていた人物としても知られています。 今回は弱気な若者や社会的な弱者の立場から歌い続けたThe Smithsのおすすめ曲を18曲紹介します。人生に疲れた時に是非聴いて欲し […]

THE 1975のおすすめ曲10選 圧倒的カリスマが作り出す知的なポップソングを紹介

  • 2021.08.09

イギリスのマンチェスターを拠点に活動するバンド、THE 1975(ザ・ナインティーンセブンティーンファイブ) 2018年に発売された3rdアルバム、「A Brief Inquiry into Online Relationships」(邦題:ネット上の人間関係における簡単な調査)は現代の「OK Computer」だと高く評価されました。 また、サマーソニックでの事件的とも言える、熱量の籠もったライ […]

ポストパンクのおすすめ名盤19選 不穏なのに聞きたくなる名盤を紹介

  • 2021.08.01

1970年代後半に誕生した音楽ジャンル「ポストパンク」。 「ポストパンク」とはパンク元年とも言われている1977年から、短命だったパンクムーブメントが終息し始めた頃に勃興した音楽ジャンルです。 クラウトロック(ジャーマンプログレ)からも影響を受けていて、暗く実験的な音楽である場合が多いです。 ここからはポストパンクの名盤を19選紹介します! Joy Division「Unknown Pleasur […]

シューゲイザーの金字塔 My Bloody Valentine「Loveless」全曲レビュー

  • 2021.06.05

シューゲイザーの名盤と言えば、おそらく多くの人が真っ先に挙げるのがこのアルバムだろう。 NMEやPitchforkをはじめとする多くの音楽メディアがシューゲイザーの名盤ランキングではマイブラのLovelessを一位に挙げ、ここまで解釈が一致しているジャンルも珍しいような気がする。 ここからはそのアルバムにまつわるエピソードと、全曲について紹介する形でこのアルバムが一体どんなアルバムなのか紹介してい […]

何度目覚めても消えない喪失感 EDEN「no future」(2020) アルバムレビュー

  • 2021.01.17

アイルランド出身のアーティスト、EDENが2020年に発売した「no future」は痛々しいほど繊細なアルバムだ。「同じサウンドは二度作らない」と語るEDENの新作はFrank Oceanを彷彿とさせるようなアンビエントR&Bのような楽曲から、エレクトロニカとポップを心地良くミックスさせた楽曲が楽しめる。 歌詞は主に「喪失」をテーマにしたものが多い。映画「君の名は」のサンプリングを使用し […]

1 3