欅坂46史上最も救いのない曲「もう森へ帰ろうか?」MV・歌詞 考察

黒い羊、エキセントリックなど欅坂の楽曲には暗くメッセージ性の強い楽曲が多いけど、中でも「もう森へ帰ろうか?」は一番個人的に救いのない楽曲なんじゃないかと思う。

例えば黒い羊は社会の中での疎外感や孤独、人と違うということで迫害されることを歌った楽曲だけど、曲の最後では「白い羊なんて僕は絶対なりたくないんだ」「そうなった瞬間に僕は僕でなくなってしまうよ」「それなら僕はいつだって それでも僕はいつだって ここで悪目立ちしていよう」と主人公の中で周りと違う自分を認め、楽曲の中で主人公は答えを見つけることができ、聴いている側はそれを一種の希望として受け取ることができる曲になっている。

しかし、「もう森へ帰ろうか?」はどうだろう。主人公は答えを見つけるどころか、曲の最初と最後で言っていることが何も変わらない。確かなのは現実に疲れてしまったということと、「森」に対する脱力的な憧れだけ。「森」へ帰ったあと、主人公がどう変わり、どんな希望を見つけたのかというところは描かれず、「森にこそ信じた世界があるかもしれない」と終始彷徨っているだけでこの曲は終わってしまうのだ。従来のアイドルソングは、苦悩を取り入れたとしても終盤で答えが見つかり、希望が見えてきたところで終わるのが定石だったと思うから、それを考えてもやっぱりあまりにも対照的な楽曲だと思う。

テーマは「大量生産されるアイドル」

もう森へ帰ろうか?

街には何もなかった

想像してた世界とはかけ離れていたよ

これは齋藤冬優花さんのブログでも書かれていることだけど、この曲のテーマは「大量生産されるアイドル」。楽曲の振り付けもロボットが生産されるような機械的な動きが多く、MVの中でもメンバーは工場のような場所の中で檻の中に入れられている。並んだメンバーが座ったまま壊れたようにガタガタ震え出す振り付けが入っていたり、何より衝撃を受けたのはこの曲を表現している時のメンバーの目だった。虚無感でいっぱいでありながら恐ろしく狂気的にも思える表情は、本当に何かキメてるんじゃないかって思ったくらい、忘れられないものだった。欅坂の場合、表現をして自分をアピールするのではなくて、インタビューを聞くたびにメンバーが口を揃えて「この曲がそういう曲だから」と答えるのが本当に今までのアイドルとは根本的に違った部分だと感じるし、もう森はそんな挑戦の象徴のような曲に思う。

MVの中で「もうちょい愛想良くしてほしいよね。世界観すごいけど」「アイドルがアーティスト気取りかよ」というSNSの書き込みに埋め尽くされた部屋の中に立ち尽くす平手さん。この書き込みも実際にTwitterとかでありそうなくらいリアルな欅坂に対する冷笑的な意見だと思った。今までのアイドルのMVにこんな強烈な演出があっただろうか。そしてこの書き込みが大量に印刷された紙に埋もれたオトシンの歌詞。満身創痍で伝えようとしても、悪意を持った民衆には届かなかったということを暗示している。

大衆の悪意に晒されて、本当の苦しみや悲しみさえも見ず知らずの人たちにコンテンツのように消費され、挙句の果てには使い古されて捨てられてしまうことが分かりきっているという物語を演じた時、メンバーは何を思ったのだろうと思わず想像してしまう。この楽曲の世界はフィクションでも、その中の物語がそのくらいあまりにも等身大なのだ。




自然(本物)と人工物(偽物)の対比

喧噪の中で 愛語りあっても

鉄やコンクリートは温もりを伝えやしない

この曲では森(自然、生気溢れた世界)の世界に対する憧れが終始歌われ、無機質なコンクリートジャングルでできた都会とその中でロボットのようになってしまった自分たちとの対比がはっきりと描かれる。

MVのラストでは生産場の門から逃げ出していくことを選び、森の中のキャンプファイヤーのような大きな炎が上がるシンボルのもとへ行く。すると失われていた鼓動の音が聞こえるようになり、ロボットのような機械的な動きをしていたメンバーたちがしなやかに踊りだす。

森とは生命に溢れた場所であり、ここでは炎は意志やエネルギーそのものを表しているように思う。傷付くことを恐れてロボットであることをやめ、感情を取り戻し戦うことを選ぶ。楽曲のメッセージを伝えることに重きを置いてきた彼女たちにとってそれはやっぱり踊って何かを表現することであり、表題のガラスを割れ!のカップリングともどこか表と裏のような関係性を感じる。




MVにおける救済

空はなぜか青くもなく汚れている

街にやってきてから深く息もしてなかった

冒頭で述べたように、楽曲の歌詞自体には救いがない。ただ終始「もう森へ帰りたい」という心情を吐露するだけで終わってしまう。従来のアイドルの曲の歌詞構成とは違い、「困難を乗り越えて何かを手に入れる」的なストーリーではないのが、個人的にこの曲の好きなところでもあった。

ただ、このMVのラストにはしっかり「救い」の部分が描かれている。MV終盤までは機械的な動きによって感情を失ってしまったことを表現していたが、ラストでは空が綺麗な夕焼けで色づき、メンバーたちは走り出し一つになって綺麗に踊る。都会の空は「青くもなく汚れている」と表現されていることからも、空が色づいたことは皆で生気を取り戻したという演出なのだと分かる。MVの最後の最後に心臓を思わせる赤い光の塊(人工物の光)が消えて、火が灯るのもそのためだろう。メンバーたちは終始無表情だけど、目でこの感情の変化の過程を表現しきってるのがとにかく圧巻だし、最後に心臓の音がする演出も細部までこだわり抜いているのが分かる。

まとめ:欅坂46だからこそたどり着けた境地

実際に浴びせられたであろう誹謗中傷をMVの中に組み込んで、「大量生産されるアイドル」という等身大の自分たちを表現し、感情を失くした目で壊れたロボットみたいな振り付けでガタガタ震え出したりするこの楽曲はあまりにセンセーショナルで、表題曲ではないという理由で世間的にあまり知られていないのが悔しく思えてしまうほどだ。そしてこんなに細部まで表現することに関してここまでのクオリティーを保つことができたのは紛れもなく欅坂46だったからだし、メンバーがそれくらいクリエイターチームが求めていた深度に応えることができたからだとこのMVを見ると確信する。欅坂46はもう無くなってしまったけれど、普通のアイドルではいられなかったことに悩みながら、ここまで表現することにストイックでいたアイドルがいたことはこれからも多くの人の中に生き続けて欲しい。