レコードプレーヤー向けおすすめスピーカー5選を紹介!選び方と共に解説

レコードプレーヤーでレコードを再生する中で、スピーカーに拘りたい人は多いのではないでしょうか。

レコードプレーヤーの中には既にスピーカーが内蔵されているものもありますが、音質にこだわりたい場合はスピーカーを変えるだけで音質の向上が期待できます。

今回はおすすめのレコードプレーヤー向けのスピーカーと選ぶ際の注意点をまとめて解説します!

スピーカーを選ぶ際の注意点

RCA端子接続可能なものを選ぶ

レコードプレーヤー側についている端子は基本的に「RCA端子」です。

なので、RCA端子接続ができるスピーカーを選ぶようにすることをおすすめします。

多くのスピーカーには「ステレオミニプラグ」の端子がついているため、ステレオミニプラグのスピーカーとレコードプレーヤーを繋ぐ場合は、変換ケーブルが必要になる上に変換にあたって音質の低下が懸念されます。

RCA端子がついているスピーカーは少ないですが、レコード再生用のスピーカーとして購入するのであれば、この中から選ぶようにしましょう。

▼変換ケーブルはこちら

おすすめのレコードプレーヤー用スピーカー5選

Edifier R1280DBs Bluetoothアクティブスピーカー2.0

・値段:16,000円〜17,000円
・RCA接続×2
・RCAケーブル付き
・Bluetooth接続機能

まず紹介するのは値段もリーズナブルでRCA接続が可能なEdifier R1280DBsというスピーカーです。

R1280DBというモデルのアップグレードされたバージョンなのですが、値段がほとんど変わらないためこちらを紹介します。

初心者でもスピーカーの横についているダイヤルで高音・低音を調整できるため、入門用にはぴったりのスピーカーです。

RCAケーブルも付属しているため、このスピーカー単体の購入でレコードプレーヤーに接続して楽しむことができます。

 

Edifier R980T 2.0ブックシェルフスピーカー

・値段:10,000円前後
・RCA接続×2
・RCAケーブル付き

先ほど紹介したものと同じEdifierのスピーカーですが、比較的サイズが小さく、小さなスペース用に設計されたブックシェルフスピーカーです。

調整できるのは低音のみな点が先ほど紹介したR1280DBsと大きな違いになっています。

音質に関しては高いスピーカーで聴いた時ほどの感動はないですが、この価格を考えると値段以上のクリアな音で楽しめると感じます。

ケーブル付き・RCA接続可能で1万円程度で購入できるスピーカーはあまりないので、安さ重視の方には特におすすめしたいスピーカーです。




ロジクール マルチメディア スピーカー Z533

・値段:15,000円〜20,000円前後
・RCA接続
・3.5mm入力対応
・ヘッドフォンジャック搭載

ロジクールのZ533はレコードプレーヤーに限らず、テレビやゲーム用などあらゆる用途に対応したマルチメディアスピーカーです。

これは3.5mmとRCA入力がどちらも可能なため、スマートフォンや、パソコンやテレビとも接続ができるためです。

また、有線のコントロールポッドがついていて、手元に置いておくことで自由にスピーカーの音量や低音のコントロールができます。

そのため、音質・使い勝手共に良く幅広い用途におすすめできるスピーカーです。

サウンドバー 2.0ch

・値段:10,000円前後
・RCA接続
・AUX接続
・USB接続
・Bluetooth対応
・出力:80W

サウンドバーのスピーカーはBluetooth、光デジタル音声端子、RCA入力端子、AUX入力端子、USB端子に対応しているスピーカーです。

サウンドバー本体は、幅860×奥行100×高さ105 (mm)というコンパクトな大きさなので、台の上に置くこともできますが、付属の壁掛け用ブラケットを使用して壁にも手軽に設置することができます。

この値段にも関わらず重低音がかなりパワフルなので映画館のような迫力のあるサウンドが実現可能です。

 

MACKIE マッキークリエイティブリファレンスモニタースピーカー CR3-X

・値段:15,000円前後
・RCA接続
・ステレオミニAUX接続
・ヘッドホン端子
・Bluetooth対応

MACKIEのクリエイティブリファレンスモニタースピーカーはミュージシャンやコンテンツクリエーター、映像制作スタジオなど、クリエイティブ用途にも使うことのできるスピーカーです。

RCAとステレオミニAUX入力の両方を搭載しています。

また、D級パワーアンプという電力効率の良いアンプを搭載しているため、耐久性に優れているのが特徴です。




おすすめのスピーカー付きレコードプレーヤー3選

1. ION AUDIO Max LP

・ステレオスピーカー搭載のオールインワンUSBレコードプレーヤー
・ベルトドライブ方式
・スマートフォン(iOS11以上は非対応)、PC録音可能
・ヘッドホン端子、RCA出力端子(コンポなどに接続可能)
・33回転/45回転/78回転対応

スピーカー内蔵のものが良いと考えている方に一番おすすめしたいのがION(アイオン)のオールインワン型のレコードプレーヤー。

ステレオスピーカーを搭載しているMax LPシリーズは、電源を入れて針を落とすだけでアナログレコードのサウンドがすぐに楽しめます。アンプやスピーカーなど別途何かを買う必要がありません。

録音やヘッドホン端子など一通りの機能も揃っていて、9,000円台とかなりのお手頃価格で購入できます。

もちろん、何万円もする再生機器と比べると多少は音質は落ちますが、特に音質にこだわりはなく、初めてレコードで音楽を聴いてみたいという場合にはかなりコスパの良いプレーヤーだと思います。

2. HOFEINZ レコードプレーヤー

・スピーカー内蔵
・ベルトドライブ方式
・AM/FMラジオ出力
・AUX外部入力、RCAオーディオ出力
・33/45/78回転に対応

次に紹介するのはHOFEINZのレコードプレーヤーです。

インテリアとしても利用できるようなデザイン性の高さと、多機能にも関わらず10,000円以内で買えるお手軽さが特徴です。

このレコードプレーヤーもスピーカーが内蔵してあるので、これ一つですぐにレコードを再生することができます。

3. DLITIME レコードプレーヤー

・スピーカー内蔵
・ベルトドライブ方式
・Bluetooth、USB、SDカード、ラジオにも対応
・RCAライン出力
・ヘッドホンジャック
・33/45/78回転に対応

高級感のあるデザインと重量感が特徴のDLITIMEのレコードプレーヤー。

これだけ多機能にも関わらず値段もリーズナブルで初心者にも扱いやすいです。

▼関連記事
【超初心者向け】おすすめのレコード用カートリッジ4選を紹介!
レコード屋店員が選ぶおすすめのレコードクリーナー7選
【超初心者向け】レコード屋店員が選ぶおすすめのレコードプレーヤー10選



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です