人生の真実を描く天才、グザヴィエ・ドランのおすすめ映画5選

人生の真実を描く天才、グザヴィエ・ドランのおすすめ映画5選

弱冠19歳で監督・脚本デビューを果たし、日本でも人気のある映画監督グザヴィエ・ドラン。

ゲイであることをカミングアウトしている監督でもあり、彼の作品は人間に対する洞察力が優れている現代の若者の視点から「愛」や「家族」に対する普遍的なテーマを観客に投げかけるものが多いです。

今回はそんなドラン監督の繊細な人間描写が光るおすすめの名作をネタバレなしで紹介していきます!

1.「マイ・マザー」


ドランの自伝的映画でもあるデビュー作。アーティスト的には年齢なんて関係ないと思うのかもしれないけど、やっぱり19歳でこの映画を作ったのは凄すぎる。デビュー作にしてカンヌ国際映画祭で上映された作品。

内容は反抗的な息子、ユベールに困り果てた母親が厳粛な寄宿学校にユベールを入れてしまい、ユベールはそれに対して母親から「捨てられた」と感じるようになるというもの。

母親の愛情を強く必要としているからこそ感じてしまう激しい少年の憎悪や母親の苦悩が繊細に描かれている秀作。また、ドラン自身が演じたユベールもゲイという設定であり、その親子の関係性の複雑さが描かれている。

2.「トム・アット・ザ・ファーム」


いわゆる「ストックホルム症候群(誘拐犯のことを好きになってしまう心理)」を描いたちょっと異質なサイコスリラー調の作品。この映画もドランが主演を務めている。

交通事故でギョームという恋人を亡くしてしまったトムは、葬式に参加するために彼の実家のある農場に向かう。そこには兄のフランシスと母親アガットが2人で暮らしていた。ギョームは生前、母親にゲイであることを隠していたためトムの存在はただの友達として認識されてしまい、兄のフランシスからもカミングアウトするなと脅される。トムはギョームの面影をフランシスの中に見つけようとしたのか、暴力を振るわれ続けても農場からなぜか帰れないでいた。

3.「わたしはロランス」


国語教師のロランスはフレッドという彼女がいた。30歳の誕生日にロランスはフレッドに打ち明ける。「僕は女になりたい。この体は間違えて生まれてきてしまったんだ」

混乱したフレッドはロランスを激しく責める。今までの時間は何だったのだ、と。しかしそれでもロランスを愛している彼女はやがてロランスの最大の理解者として受け入れるようになっていく。メイクや服装などを教えてロランスが「望む姿」で生きられるよう、偏見の多いモントリオールの田舎町で共に奮闘していく。

「愛がすべてを変えてくれたらいいのに」というキャッチコピーのこの作品は性同一性障害のMTFでレズビアンという女性を描いた映画。ジャンル分けなしに好きな人が好きな人と堂々と恋愛できる世の中になれば…ということをひたすら考えさせられる。

4.「Mommy/マミー」


グザヴィエ・ドランの映画の中で一番有名な作品。インスタを意識した1:1のアスペクト比が特徴的で、Oasisの「Wonderwall」がかかるシーンは映画史に残る名シーン。カンヌ国際映画祭のプレミア上映では13分ものスタンディングオベーションを受けた。
この映画ではADHDの息子、スティーヴを持つ母親の葛藤と愛情を描いている。「障害を持った子どもの親が身体的または精神的な健康を害した場合、子どもを法的手続きなしで入院させることができる」という法案が可決されたカナダで2人の母子の運命は変わっていく。

5.「たかが世界の終わり」


私的グザヴィエ・ドランの最高傑作。家族のディスコミュニケーションを描いた映画なのだけどこんなに心を動かされる映画はなかなかない。音楽、映像、登場人物たちの演技を超えた緊張感、何もかもが完璧な映画。

ストーリーはギャスパー・ウリエル演じる主人公ルイが「自分の死を伝える」ために実家に帰るところから始まる。しかし自分が帰ってきたことにより家族という歯車が微妙に狂ってしまうことに気が付いてしまうルイは、自分の話をなかなか言い出せないでいた。

重要なのは、ある午後この人たちが一緒に時を過ごし、一つの空間でどう展開するのか。誰かが耳を傾けていて、誰かは上の空、誰が誰を見ていて、誰が誰を守ろうとしているか。これは人生そのもの。お互いに驚くほど無関心で、愛し方を知らない人たちの人生の中で、瞬きのような、とても限られた一幕。観客のみなさんに判断を委ねています。(グザヴィエ・ドラン)

「たかが世界の終わり」は、極めて個人的な物語だからこそ極めて普遍的な物語のように感じるというドラン作品の魅力が凝縮した作品のように思う。エンドロールではMobyの「Natural Blues」という曲が流れるんだけど繰り返される「Don’t nobody knows my troubles but God(神様以外誰も僕が抱えている問題は知らない)」というフレーズはルイの苦悩を代弁するかのよう。

▽ドラン監督本人が作品についての思いを語ったドキュメンタリー